膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

とり焼き?

妻は先週までは休薬期間(2週間)のため、副作用も少なく普通の暮らしを送っていました。今週の診察の結果、腫瘍マーカーが髙くなっている事から抗がん剤(TS-1)を通常使用に戻し毎週確認(問診・血液検査)となりました。

現状、副作用は今までと同じで腸の痛みと味覚障害が少し(味が少し濃くなった)現れたと思います。酷い状況ではないので、このままでお願いします。

さて、3月25日 九州の姪っ子夫婦が名古屋のチェーン店のオーナーと九州出店の打ち合わせから大阪へ遊びに来たとの事。夕方に待ち合わせ、私がゴルフで知り合いの鳥焼き屋さんに行くことにしました。


大阪の飲食店(焼き鳥・ラーメン)で激戦区であるJR福島駅前にある、とり焼き<一本松>さんです。知り合いですが、予約をしないと入れないのです。可なりの人気店です。

知り合いの店なので、ちょっと宣伝を!

まずは地鳥のお刺身です。臭みもなく美味しいとすぐに思いました。

写真の中央お皿にある白い物体?大将からのサービスですが、このお店の売りの一つで

鳥の皮をきれいに処理したお刺身です。美味です。鳥臭さはなく溶ろける感覚です。

さて、メインでお店の看板となっています焼き鳥ではなくとり焼きです。


色々な鳥の部位を焼いて食します。生でも食べれるので、軽く焼いて食べると美味しいですよ~!!

この日は二つ目のサービスですが、大将の仕入れルートから鮪を仕入れできるのです。

早速、赤身と中トロを注文しました。

これも最高でした。ありがとうさんです。最後に鳥茶漬け・アイスのデザートで締めとなりました。お値段もリーズナブルですから、沢山のお客さんなのですね~!!


3月26日は叔父の四十九日法要です。のりちゃん元気でした。倦怠感も出なく食事も食べれました。若干人生の先輩で私の従姉のお姉さま達の対応も良くできました。

(この従姉さん吉本ばりに良くしゃべるので、大変でした。泣・・)

さあ~27日は御贔屓の阪神さんの開幕3戦目(京セラドーム)応援に行きま~す。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。