膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

現況

病気のブログですので、閲覧にはご注意を!

9月9日に緊急処置を行い自宅で静養していました。私は断れない用事で鹿児島、東京と飛び回っていましたが、16日の検診の日の朝。

自宅での行動が不自由となりましたので、またもや緊急で入院となりました。

腹水の処置を行いましたが、5.7Lも溜まってたようです。一週間でか?と思っています。

一週間の間で、体力、食欲、気力がガタ減りです。のりちゃんも動揺して、どうして動けないんだろうか?と言っています。

頭の中で錯乱状態です。頑張りましょう、のりちゃん!

ただ、この病気については、のりちゃんの実母(90歳)には未だ伝えて無かったので、これを機会にお伝えする事に!

のりちゃんのお姉さんも早く亡くなっていますので、慎重に言葉を選びお伝えしましたが、上手く伝えられなかったのか?分かっていたのか?直ぐに泣きだして、最後までお話し出来た?かな。直ぐさまお見舞いに行きたいとの事なので、20日にお義母さんと兄妹とでお見舞いです。寝たっきりと思っていたのか、意外と元気にしていたのりちゃんに、早く良くなってね〜❗️と声をかけられた時に。思わずグッときて堪えるのに必死です。私は家に帰ってぐったりと疲れました。

のりちゃんの入院で、計画していました。

三重?淡路島への三家族での思い出旅行は残念ながら延期となりました。

頑張って復調して、こるふぁー13家族全員で旅行に行きたいな〜❗️

旅行に行けないので、病院に全員集合しました。全員で今後の打ち合わせをして、快方に向かう事を祈念してかごの屋で腹一杯食べましたよ〜❗️。のりちゃんには悪いですが、食べれる時に、食べとかなあかん!‼️

今後は、緩和ケアで痛みをコントロールしながらの生活になります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。