膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

ブログ終了のお知らせ!

20日にお義母さん共々お見舞いいただき、まだまだガンバッているのりちゃん。
23日長女さんと緩和ケア病棟の説明のため、担当医から説明を受けました。
<体の容態が余りよくありません。一週間で急変する可能性がありますので!>
取りあえず、個室に移動するための別の担当医から説明。
<容態が良くないです。今日の晩に心臓が止まるかもしれません?何時に急変するか判りません??>との説明を愕然としながら受けました。
取りあえず、次女さんの家に行って初孫ちゃんと昼食を取るべく、のりちゃんに初孫ちゃん連れてくるね!<うん>とうなずきましたので、病院を出ました。
病院を出て15分後の11:45ころ至急帰院してほしい連絡あり。


午後1時35分  私の腕の中から無許可で天国に向かいました。<合掌>


いままで、ありがとう!!!のりちゃん!!!!
来月3日で結婚34年だったのに~!!


約一年このムラゴンで応援頂きました。たくさんのブロガーの方々には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。



現況

病気のブログですので、閲覧にはご注意を!

9月9日に緊急処置を行い自宅で静養していました。私は断れない用事で鹿児島、東京と飛び回っていましたが、16日の検診の日の朝。

自宅での行動が不自由となりましたので、またもや緊急で入院となりました。

腹水の処置を行いましたが、5.7Lも溜まってたようです。一週間でか?と思っています。

一週間の間で、体力、食欲、気力がガタ減りです。のりちゃんも動揺して、どうして動けないんだろうか?と言っています。

頭の中で錯乱状態です。頑張りましょう、のりちゃん!

ただ、この病気については、のりちゃんの実母(90歳)には未だ伝えて無かったので、これを機会にお伝えする事に!

のりちゃんのお姉さんも早く亡くなっていますので、慎重に言葉を選びお伝えしましたが、上手く伝えられなかったのか?分かっていたのか?直ぐに泣きだして、最後までお話し出来た?かな。直ぐさまお見舞いに行きたいとの事なので、20日にお義母さんと兄妹とでお見舞いです。寝たっきりと思っていたのか、意外と元気にしていたのりちゃんに、早く良くなってね〜❗️と声をかけられた時に。思わずグッときて堪えるのに必死です。私は家に帰ってぐったりと疲れました。

のりちゃんの入院で、計画していました。

三重?淡路島への三家族での思い出旅行は残念ながら延期となりました。

頑張って復調して、こるふぁー13家族全員で旅行に行きたいな〜❗️

旅行に行けないので、病院に全員集合しました。全員で今後の打ち合わせをして、快方に向かう事を祈念してかごの屋で腹一杯食べましたよ〜❗️。のりちゃんには悪いですが、食べれる時に、食べとかなあかん!‼️

今後は、緩和ケアで痛みをコントロールしながらの生活になります。

断れない用事

9日に緊急処置を行ったのりちゃんが、自宅に帰ってきました。やはりいる人が居ないと駄目ですネ!

さて、妻の側に居てなきゃならないごるふー13ですが、10日の土曜日は会社のコンペです。

前回優勝で幹事である私、キャンセルはせずゴルフに参加しました。また優勝でした。

日曜日は母の三回忌で、南の県に朝一番の飛行機で参加です。

妻が参加してないので、まだ言っていない兄弟 に事情説明を覚悟していましたが?

特に確認もありませんので、あえて言いませんでした。約一年振りに会う兄弟ですが、孫の話しや足腰が痛いなど、もう若くないなどの話しばっかりです。自身が若く不老不死と思っているのかな〜?

三回忌法要も終わり、空港でコメントを書いています。

この土日は、長女さん、次女さんにお願いして実家に出戻り?です。

さあ、明日は東京に出張です。

身体、大丈夫か?