膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

ゴルフの師匠

10月25日 妻は普通に元気に見えます。家事一切を普通にやっています。ただ食事は少食です。食べた後は腸が痛いと言います。私は何にも出来ないので、もどかしいです。
26日月曜日に8回目の抗がん剤治療と担当医との問診がありますので、よく相談しなさいと言ってやるしかないのです。頑張って!
25日の朝、妻にゴルフに行って来るヨと言って支度準備を整え、玄関先で妻から<頑張って>の優しい一言。ありがとうね!!
今日は〇〇カントリー倶楽部の研修会に昨日、急遽エントリーしました。(妻からゴルフのOKが出たので)ゴルフ場に着いてから師匠の寺本プロに挨拶すると、「これ、他のプロも使っている新製品のボール、使ってみて」と新品のボール(ブリヂストンのジョーカー)を頂きました。
早速、18番ショートホールで試し打ち~・・・。 飛び過ぎです。突き抜けのO・Bです。
プロに飛び過ぎですと嫌味を言いながら、今日はどうでしたか?今日は風に遣られたな~とスコアカードを見ると悪い!!何せ私と同スコアなのです。確かに木枯らし1号が猛威を奮っていましたからね~
だけど、プロの為に書きますがプロのシニア競技(コマツオープン)に最初に優勝した寺本一郎プロです。確かに上手です。ドライバーはそこそこ飛びますし曲がらない、アイアンは確実です。アマチュアと違うのはパターです。さすがプロです。これで稼いでいるのだな~と実感させられます。びっくりする位違います。今年75歳のお爺ちゃんですが、すごい人なのです。人格的にも若い人からお年寄りまで、皆さんから好かれています。プロだからと偉そうに絶対にしない人です。
年代的には杉原輝夫プロと戦った年代です。

ボールを頂いたのは、今年の6月に日本プロゴルフ グランドゴールドシニア選手権 がよみうりカントリーで行われた際、決勝ラウンドをビール片手に応援に行きました。その時のお礼との事。よく覚えて頂きありがとうございます。予選の時は調子が良かったのに私と目が合ってから緊張したとの事。大声で応援したからな~!!22位タイまで順位を落としました、すみませんでした。
今度応援に行くときは静かに応援しますね!!
いつも気にかけて頂き、スイングや道具等に色々ご意見頂いています。感謝しています。
今後ともよろしくお願いしたいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。