膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

幸先良好!!

1月4日 妻と今年初めての診察の為、大阪市内へ車でゴー!!阪神高速意外と空いているので、通常より15分も早く病院へ到着。今年の診察は、白血球・血小板共少し上昇しました。よって、抗がん剤(TS-1)の再開となりました。副作用が心配ですが頑張りましょう!のりちゃん!
癌マーカーの検査についても、下記の通り良好な成績となっています。
CA19-9
7月:45,204H、8月:35,990H、9月:9,094H、10月:2,236H、11月:1,286H、12月:1,359H、1月:645H
CEA
7月:  92H、8月: 78.5H、9月:   30H、10月:    7.4H、11月:    5.0H、12月:    5.2H、1月: 6.0H
CA19-9が何と万単位から三桁まで下がっております。担当医からは順調に抗がん剤が効いているからとの事。自宅に帰る途中に気分が良い妻から昼食は外でスパゲティを食べたいとの事、進路を大阪市内の北浜・本町で専門店を探し、北浜に小奇麗なイタリアンのお店(トラットリア ドン キショッテ)で久しぶりのおデートを!!


大変おいしゅうございました。(料理は満員の為撮れませんでした)
1月6日 妻は、長女が有給消化の為、お休みとの事で次女の初孫ちゃんの家に集合が掛り、一日中遊んでいました。家に帰ってからは疲れからぐったりソファーに。仕方ないな~!。
私の職場の若い人から、日本酒の獺祭(中々手に入らないお酒)がキューズモールの酒屋で販売しているとの情報を頂き、即行動。


2本ゲット~!!! 家族が集まった時に飲み干しましょう。これまた幸先よろしいです。
最後は1月7日は妻が膵臓がんと診断されて、7か月目に入ります。
余命?超えちゃったヨ。ステントの入れ替えの入院はしましたが、癌太郎が大きくなっての入院はまだありません。元気にしています。放射線・抗がん剤治療の通院だけで妻は頑張っています。
正月に妻がポツリとすい臓がんと診断されて年末まで持つかな~?と思っていたとの事。心配ご無用!!私が付いていますから!!
本当に元気(?)で正月を迎えました、良かった。幸先よろしいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。