膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

近況 ④

2月1日 血液検査・CT検査を受けに大阪の〇〇センターへ
血液検査では白血球が基準値以下のため、今週も抗がん剤治療は出来ませんでした。
CT検査では例の憎っき癌太郎は小康状態なのか?縮小せず、でした。(残念!)
腹水が若干あるとの事(ちょっと心配ですが、今後増えない様にお願いしますヨ)
この間の手術の時、2kg体重増加がありました。それでか!と納得しましたが、今は様子見です。
のりちゃんは我慢強い人なので、多少の痛みは私にも言わないのです。無理せず喋ったら楽になるかも?と言っているのですが・・・。頑張ろうのりちゃん!
でも、この後は長女とゆっくり話が出来て落ち着いたみたいです。(ありがとうゆ〇さん!)
金曜日にはのりちゃん・長女・次女・初孫ちゃんとおしゃべりタイムを行う予定との事。
参加したいが、昔から仕事優先の糞じじいなので、ご遠慮します。
長女と別れて車で自宅に向かう時、妻から回転すしに行こうと嬉しいリクエスト。
自宅近くのスシローへ、のりちゃん5皿と茶碗蒸しをペロリ(通常は3皿位)ベリーグッド!!
2月2日 妻は元気に家事一式を行っています。リビングのテーブルや椅子の配置が変わっています。
物を運べる元気があるようです。
この日、3時頃私が会社内で会議中に若い人からごるふぁー13さん焦げ臭いとの通報がありました。
社内を点検しましたが、何もありません。外に出ると焦げ臭いにおいとすすが舞い上がり、消防車のサイレンが鳴っています。鳴る方向に200M行くと火事現場に遭遇。ワオー・・・。

6棟焼く火事でかなりの数の消防車で消火活動をしていました。ヘリも4~5機が上空を旋回していました。(これはうるさい:報道関係のヘリ?)この時は規制が敷かれていなかったので、現場まで行けました。そのあとは車も人も規制が敷かれたようです。午後7時でもそのままです。
朝のニュースで知りましたが、90歳台の男性がお亡くなりになったようです。ご冥福をお祈りします。2月3日の朝、出勤時にも匂いが取れていなかったな~。
2月3日は節分ですね。恵方巻き食べて豆まきの語源である悪(癌太郎)をぼすぞー!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。