膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

舞洲へ①

6/18朝、おはようの後に、体調はどうか?と聞くと普通と言う。

悪くはないのね!動けるのね!と確認し、先週に予定していた大阪のゆり園に半ば強引に連れ出しました。(ナースさん去年行っているからな~!早く行かな~!!)

支度をして、9時過ぎに自宅を出発。

10時過ぎに到着。

広ーい駐車場(1800台は駐車できるそうです)から約5分で受付入口です。

まだ開場して1時間半なのに、受付ではもう並んでいる・・・・(大丈夫かな?)

中に入ると250万本のゆりさんが待っていました。

入口近くですが、大阪湾に面し潮風があって非常に気持ちいい気候です。

木陰に入ると最高ですね!

海に面していますので、お花は潮風に強い?と心配します。


ヨットが近くまで寄ってきました~!そこをパシャ!

たった1時間半でしたが、気持ちよく綺麗なゆりさんを鑑賞で来ました。

一眼レフのカメラをお持ちの男性・女性の方が沢山来場しています。すご~い!

私はスマホで充分です。6Sも綺麗に映せますよ~!

帰りにゆりを何本か購入しておばあちゃんにプレゼント!

(明日は、義父の13回忌法要があります。義父の好きなゆりを飾りたいなと)

帰宅時間(12時半)には100名ほどの方受付で並んでいましたね大盛況だ~!!

売上UP、UPです。因みに私の長女さんだったら、無料だったのに??(お名前がゆりが付くか、当日が誕生日の方は無料で~す。)

ごるふぁー13不覚にも帽子も傘もなかったので、首筋と手がヒリヒリとしています。

もう、おっさんなのに何度も経験したのに????残念です。

のりちゃんは、痛みは出ず元気に観てまわりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。