膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

近況⑥

温泉旅行からの次の日 定例の検診日です。大阪の〇〇センターへドライブです。

血液検査の結果、白血球の値がやや低くなっているが3週連続で抗がん剤治療(TS-1:錠剤)OKとなりました。この抗がん剤の副作用で自覚的に発現する症状は倦怠感や食事後の腸の痛みと味覚障害です。まだご本人が鎮痛剤を使用しながらも耐えうる状況なので、安心しています。が・・・ 何時ものように長女夫婦のマンションから帰宅途中に中華料理屋で夕食を取って自宅に帰るとすぐに横になって動きません。通常なら20~30分でお腹の痛みは治まりますが、今日は強敵だったようで1時間も悶えていました。かわいそう~~!!妻は腸が破裂するかもと思ったらしく汗までかいて悶絶。頑張れー!!

痛みが治まると普通の生活に戻れます。???

つくづくこの病気は1日1日で変わる病気だと思います。

仲よく付き合いながら、1日笑顔のある生活を送っています。


2/23に東京で会議があったので、9時の新幹線で新大阪から東京へ。

新大阪ではマスク姿の方は1割程度なのに、東京駅に着くと約3割の方がマスクをしている。山の手線に乗ると3割以上の方マスクを使用している。

インフルエンザが流行っているとは聞いていましたが、こんなにも違うのかと思いながら、せっせとマスクをしている自分がいました。

松方弘樹さん、脳腫瘍の疑いがあるとのニュース。手術が出来る事を願っています。

頑張って下さい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。