膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

抗がん剤治療開始

8月3日より抗がん剤治療を開始、4パターンの抗がん剤治療があるとの事。
妻はやはり女性です。髪の毛の抜けるのが嫌みたいです。
先生に一言(髪の毛の抜けない抗がん剤でお願いします)  仕方ないよね。
選んだ抗がん剤はジェムザール(一般的に副作用が比較的少ないと言われている)。
週1回の点滴3回行い、1週お休みを1クールとしてこれを繰り返すもの、毎週月曜日の8:30から血液検査・問診・抗がん剤の点滴を行います。
私の居住は兵庫県で大阪のこの病院へは電車で4回乗継をし約1時間半を要するため、たまたま私の勤める会社の近くに病院があるので、朝出勤時車通勤に変更し(了解もらって)ドライブがてらアッシー君として送迎中。帰りもたまたま長女夫婦が住むマンションが病院のある大阪市内にあるため妻を帰宅させるまでの間休憩所として利用せて頂いております。娘夫婦に感謝・感謝!!
副作用は熱、かゆみ、はないがまだ背中の痛みと腸の痛みがあるようです。
これ以上の副作用がなければいいのだが。
癌太郎  大人しくしてくれ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。