膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

今日は豚まんのない日か~!

11月1日 京都の湯の花温泉に行く日  朝、妻に9時位に出発しようかとの問いに「お腹の調子が今一つなのでもう一寸待って」ハイハイ待ちまっせ~!なんか?豚まんのない日やな~!!
再度、10時くらいに昼一番で出発しようか?と問いかけると「腸が痛いから、今日は無理です~!!」
昨日、急遽回った能勢妙見山(紅葉狩り)に行ったのが悪かったのか?体調不十分で温泉へはキャンセルとなりました。残念ですが、ここは体調を整えて再度挑戦という事にしました。
早く551のある日になってや~!!


11月2日 9回目の抗がん剤治療の日  妻の体調は元気ではあるが、お腹の痛みがまだ続いている。聞くと痛みは10のうち3くらいなので若干心配です。肝臓や胆管に何かの要因で詰りが出来ていない事を祈るのみです。心の中では、今日も551の豚まんが無い日やな~!!(関西地区の方はお分かり頂けると思います)
今日は生憎の天気(雨)で阪神高速は大渋滞です、何とか大阪の病院まで辿り着く事が出来ました。
午前中の血液検査で白血球や好中球が基準値のギリギリとの事、担当医の判断で今回は肺炎に罹るリスクを考え、抗がん剤治療は取り止めとなった。本来なら来週は抗がん剤治療は休薬でしたが、今回の取り止めで振り替えとなった。(またまた、長女のマンションを休憩所としてお借りしなければなりません:すみませんネ)
お腹の痛みについて、担当医は抗がん剤や放射線治療の副作用から来ることもあるとおしゃる。私、個人的には????? 胆管のステント(内視鏡手術)交換時の管がズレたりしないのか?と思う。医者の免許を持っていないので、よく解りませんが?
当面このまま、様子を見ることにしましょう。
妻のお腹の痛みが取れれば、食事が進みます。 早く痛みが取れますように。(お祈り!)
本当にこの病気は日ごとにコロコロ変わります。つくづく思います。大変ですが頑張りますよ~。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。