膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

まだ早かった紅葉?

10月31日 妻の調子は徐々に良くなっている。(食事以外)
31日の朝、予定のない私は妻に、天気がいいのでどこかい行く???と誘うと近くの道の駅に行きたいとの事。大阪府の一番北側に大阪府民牧場(昨年3月に閉場)という家族連れで賑わう場所だった横に「道の駅 能勢(くりの郷)」があります。私はまだ栗の季節なので丹波栗を楽しみに、妻は季節の花を目当てに出発。10時位に到着しましたが、車やオートバイで満杯。地方の道の駅なのにマイクロバスもどんどん来る。だからか?丹波栗はありませ~ん???残念!!お花を少々購入して帰路へ。時間が余りあるので、ふと同じ病気の熊本の〇塚さんが熊本の泉村の五家荘という絵葉書みたいに紅葉が綺麗なところが書いてあるのを思い出しました。

(昨年の熊本県八代にある五家荘)
ナビをフル稼働して、近場の能勢妙見山に決定。
約20年近く前に家族で紅葉写真を撮ったことのある場所。(娘二人とも小学生のまだ低学年だったな~、今は頑張っている主婦です。)綺麗に紅葉しているのを期待しながら車を走らせました。
途中、山の木々が緑いっぱいなので新緑の様で不安です。
妙見山の山頂に着きましたが、緑がいっぱいで赤や黄色は少しだけです。やっぱり早かった。
展望台に上がると神戸や大阪の街並みや大阪湾が綺麗に見えました。(携帯で撮りましたのでぼやけています)

所々で色ずき始めていましたので、少しだけ紅葉を愛でる事が出来ました。まだ早かったな~!!
妻は元気に歩きました。11/1は京都の湯の花温泉に行く予定。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。