膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

また普通の生活へ

*10月15日 妻が退院して2日経ち、少しづつ元気を取り戻している。
痛みについてはコントロール出来ていますが、副作用からか?食欲が出ないようです。妻には無理せず好きな物を好きなだけ食べなさいと言っているが?食べているかどうだか?
来週からは抗がん剤治療が始まりますので、しっかりと癌太郎と戦わなければならない。体力が必要です。頑張ってね~!!
現在の治療は放射線治療が終了し、抗がん剤治療を継続中です。抗がん剤・放射線の治療の甲斐あって癌太郎が少し小さくなった。今後も抗がん剤治療を継続しますが、長~い戦いになると思います。ただ今の様に普通の生活が送れる状態であれば最高なのだが??。周りのサポートが必要で娘も含めた積極的協力体制で頑張りたいです。また、HIFU高密度超音波治療や タカラバイオのHF10治療、ペプチドワクチン治療等最新治療の情報に担当医と相談しながら検討したいと考えたいと思います。
自宅においては、温泉療法を第一に考え近場のラジウム温泉に通いたいな~と思います。
熊本で同じ境遇の方が温泉療法でリラックスしながら普通の生活を送っているブログを見たので参考にします。玉川温泉や三朝温泉が有名ですが、近くの湯治場を調べたら京都亀岡の湯の花温泉、有馬温泉、能勢温泉、大阪の不死王閣温泉などご近所にたくさんのラジウム温泉があります。温泉旅行(日帰りも含め)を楽しみたいと思います。
色々な方が癌太郎に効くよと情報を頂きます。ありがとうございます。助かります!!。
今は費用対効果ならぬ、費用対期待からフコダイン等を試しながら体験しています。
普通の生活が一番です。入院したら本人も家族も大変です~。

話は変わりますが、小生残念ながら風邪らしきものに罹ったのか?前日から喉が痛い。〇〇ママさんに風邪ひかない様に気を付けましょうと言った本人が、・・・・残念です。以後気を付けます。
従いまして、妻にうつるといけませんので家の中でも必ずマスク着用で寝室は空いている娘の部屋で就寝している。大変です。皆さんも気を付けてください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。