膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

セカンドオピニオン

7月13日詰まった胆管にチュウーブを入れた手術から4日目となり、妻も顔色が少しずつではあるが黄色が抜けていくようである。血液検査でも胆汁の流れは改善されているとの事。まずは一安心だ。
これが上手くいかないと命に係わるとの事、(妻は今でも、今からも命に関わっていますが!)
主治医の先生と今後の治療について話し合いを行った。
先生からは手術は血管等に浸潤があり出来ません。標準治療である抗がん剤治療と放射線治療をすぐにでも進めたいがとこちらの意見を求めてきましたので、重粒子線治療や免疫療法等も並行してやれないか?と色々意見を戦わせましたが、妻は56歳とまだ若い?ので標準治療を行って効かないようであれば方針を変えればいいのではとの事ことで、今は早く治療方針(標準治療)を決めた方がよいと結論。
また、この市民病院では放射線治療が出来ないので他の病院(家族会議で希望していた病院:症例の多い病院)をセカンドオピニオンとして紹介したいがとの事。先生の紹介なら同じ治療方針に近いのではと思いながらこちらも希望していた病院であるため紹介してもらうことになった。
万が一、放射線治療ができない場合は抗がん剤のみになるので、その場合市民病院に戻ってきたいが受け入れてくれるのか?免疫療法や重粒子線治療の相談もお願いしたい。とお願いした。
この市民病院もこころよく承諾いただいた。色々親切に親身になって相談に乗ってくれるので、ありがたいです。7/20頃に退院かな?背中の痛みをよく言うようになった?ベットのせいかな?頑張っている妻!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。