膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

無事に退院となりました。

10月13日  朝、妻からメールがあり、「今採血したけど、退院の(た)の字もないよ~」との内容。検査結果に時間が掛るからゆっくりしてなさい。と返信。
お昼に再度、妻からのメール「血液検査!オッケー!!退院オッケーだ!!午後から迎えお願い!!」との事。こちらは昼食時なので、急いでランチを食べて1時まで残務整理~~~!!。
若い人たちに、後を託し午後から有給や!  急いで帰宅。(理解して貰っている若い人たちに感謝!!)
帰宅途中の梅田地下街でおでんで有名な[たこ梅]さんの横を通るといい匂いがする。朝晩が涼しくなりましたから、無性に食べたくなり自宅近くのスーパーで具材を購入、下ごしらえをして病院へゴー。
病院へ3時半ごろに迎えに行きました。妻は嬉しかったのか、当たり前だけど笑顔です。
直ぐに会計を(1日約2万円ちょっと:一般的なホテル並み???)済ませ、自宅へまっしぐら!!
妻は自宅に着くなり、何か臭いと言い出す。大根やじゃがいもなどのおでんの具材を下ごしらえしたので匂いが漂っていたのかな?臭いと??。嬉しさの余り、娘たちにも退院報告と臭いを報告され真相説明に大変でした。
夕食は当然<お・で・ん> 我ながら美味しかったですよ~!!私は!!!
妻は固形物を食べるのは1週間ぶりで、大根、ジャガイモ、厚揚げ等を食べていましたが急に食べたから、胃がびっくりしたのか、ちょっとムカつきが出てきました。
嬉しさの余り、無理したのかな~!!   直ぐに食事を中止しベッドで休憩するよう言って聞かせ、
早めにご就寝となりました。体力を復活させましょうね~!!
まずは18日に長女の旦那さんのお母さんが自宅に見舞い?に来る予定。
妻からはゴルフに行かないでねと釘を刺されています。そして来週月曜から抗がん剤治療が復活します。体力入りますよ~。頑張ってね、のりちゃん!!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。