膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

第2クール終了?

9月14日 今日は抗がん剤治療の第2クール最終と20回目の放射線治療の日
月曜日は朝から血液検査から始まり検査結果を持って担当医との内診、そして午後から0.5時間かけて抗がん剤(ジェムザール)を点滴投与し、その後放射線治療の予定でしたが?
血液検査の結果、血小板の数値がやや低いため今回の抗がん剤治療は取り止めとなり放射線のみ治療となった。
来週はシルバーウィークなので病院が休みのため第2クール終了?かな?と思います。
体調は痛みのコントロールは出来ていますが、倦怠感と食事が進まないのが頭を悩ませています。
7月に胆管の詰りからステント(管を入れる内視鏡手術)を実施しましたが、もう2か月を過ぎましたので、10月に管の入れ替えの手術(入院5日位)を行うとの事。
妻から自宅近くの市民病院で出来ないかとの問いに連絡しましょうとの事。
先生、今度は連絡忘れないでね。!今度は怒るよ!!
シルバーウィークは予定していなかったので、妻にどこか行くか?今回は自宅で過ごしたいとの事。仕方ないね!近所の美味しい所を色々行こうと思います。
妻からは、たまにはゴルフ行ってくださいね。と これまた嬉しい一言。
月1ゴルファーになったな~!!こっそり行こう~と!!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。