膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

ハードスケジュール?

5月21日 めでたく退院となった、のりちゃん!

前日から朝10時位には退院できるのではとのLINEで連絡がきた。

9時半に病院に行くと未だベットでちょこんと座っている。

ご本人は準備万端、あとは帰るだけの状態です。私の顔を見て速攻で看護婦さんへ

退院出来るか確認。10時前に〇〇市民病院を後にしました。

のりちゃん、お昼までに時間がるのでスーパーで買い物して、すし屋で昼食をしたいとの申し出。(ハイハイ)食事出来るの??? 沢山食べたな~!

2時までに自宅に帰りたいと? ご贔屓の阪神さんを見るためです。(ハイハイ)

退院したばかりなのに、元気でハードやな~!!(タイガース調子悪いのでご機嫌ななめ~)


5月23日 退院したばかりですが、大阪の〇〇センターへ定例の血液検査・CT検査を受けに何時ものようにドライブです。

丁度、1週間の入院中は休薬期間でもあり、血液検査の結果は良好で今週は抗がん剤(TS-1)の治療週間となった。

CT検査で担当医から腹水が溜まっているとの事です。(のりちゃん:思わず、え~~!腹水は少なくなっていると思ったと・・・訴えたが)

担当医からその腹水の分析をしましょうとなって、エコーを撮りに別室に行きました。

エコーを撮りながら腹水を採る場所を探すのですが、技師から腹水がないとの事。

場所がない???ナニナニ??? どういうこと?

CTは腹水があるのにエコーでは腹水がない。担当医も????

結論、腹水の分析は無くなりました。

ご本人(のりちゃん)は腹水が溜まることは良くないと理解していますので、ちょっとびっくりしたと言っていました。

腹水の件は、次回のCT検査で確定するから気にしないように言いつけています。

長女夫婦のマンションで休憩中ののりちゃんを仕事終了と同時に迎えに行き、自宅へ帰ります。またまたラーメンでも食べようかとの甘~いお誘い。(ハイハイ)

よく食べるようになったものです。

普通に生活できることに感謝です。これからも頑張れのりちゃん!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。