膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

兄貴、大丈夫か!

4月14日 妻と阪神対DNA戦をテレビ観戦していた。

のりちゃん、ご贔屓のタイガース!見事勝利。広島カープと並んで首位です。

良かったね~!と一息入れたところで。テレビのテロップに熊本県で震度7の地震と流れた。昔、金融機関で勤めていたころに熊本支店で勤務経験がありますので、思いれがあります。

そして、実兄(水前寺)や姪っ子(八代)が熊本にいます。このブログで知り合った熊本ののりちゃん(熊本市内?)がいます。21:29すぐに兄にLINEで<地震大丈夫か?>と安否確認をしましたが、連絡がなかったので?21:36に直接電話を掛けました。10コール位で繋がりました。

<兄貴、大丈夫か?生きてるか?> (大丈夫だよ~。だけど物凄く横揺れがあって、目の前でお皿が何枚も飛んで行った。正直 怖かったよ~)60過ぎのおっさんが何を言っているのかと思いながら<余震もあるから、無理しないで行動してや>(わかってるよ~)と言った瞬間に音と共に余震があり(余震が何回もあるから、こちらは大丈夫だから、電話切るよ~)とリアルに怖がっていた兄との会話でした。

姪っ子には、LINEで<地震大丈夫か?>と連絡。こちらは速攻で(凄い怖い!)と連絡がありましたので、安心しました。神戸の震災の経験から<余震があると思うので、気を付けて行動して下さい>と再度LINEで連絡すると(余震がすごいまだ)で返信が来た。二人の安全が確認できたので、ほっとしたところで熊本ののりちゃんにブログ上で<大丈夫ですか?>と発信。本日、大丈夫です。 夜中2時まで お腹の大きい娘・次男・私で 起きていました、妻と同じ病気のご主人は12時に寝ると言って寝室に行かれた
との返信があり、何事も無くホッとしました。

facebook上でも兄と姪っ子の無事であるとの連絡がありました。(凄いシステムになっていますね~)

それから、深夜遅くまでテレビにくぎ付けでした。何事も無いようにと思いながら寝床につきました。

熊本県の大震災 15日現在で9名の方が亡くなり、4万人超の方が避難生活を送り、

名城熊本城の天守閣の屋根の崩落、新幹線の脱線、高速道路の陥没など本当に痛ましい。

その中で生後8か月の赤ちゃんが崩壊したがれきの中から無事救出されたのは、ホッとしました。

今回の地震で被害に遭われた方々にお悔み申し上げます。まだまだ余震が続くとの予報です、安全確保を第一でお願いしたいです。

16日以降は雨の心配があります。土砂災害にも注意が必要との事。頑張って下さい。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。