膵臓がん ステージ4bとの闘い

平成27年7月。ゴルフが大好きな私に突然、最愛の妻が膵臓がんと診断された。まさに目の前が真っ暗とはこの事だ。これから困難な道があることを覚悟し妻が生きている証を残せたらと思います。

大阪名物 造幣局の通り抜け

4月11日 定例の病院検査の為、大阪市内へ車でゴー!!いつも通り、朝7:45に〇〇センターに到着し、妻を見送り、私は会社へ。丁度8:00には会社に到着します。近いです。

血液検査はギリギリ良好との事である。抗がん剤治療であるTS-1は通常、4週間投与し2週間休薬が基本となりますが、のりちゃんの体調や体質から薬物代謝酵素の活性の効果があるだろうとの事で1週間は治療期間、次の1週間は休薬期間に決定となりました。昨年の12月にTS-1に変更になって4か月になります。効いているのだろうか?

癌太郎は大きくなっていないとの事なので、それなりにでしょう?

副作用もそれなりにありますが、頑張って普通に生活しています。これからも頑張って下さい のりちゃん!!

休薬初日なので、長女夫婦のマンションで休憩しているのりちゃんは、未だ見た事が無い大阪造幣局の桜を見たいと1人でフラフラ行ったとのこと。

長女のマンションから近いのですが、何を勘違いしたのか?着いたら出口だったとの事?

どうも人の流れに逆行していたみたいです。慌てて人の流れに乗って入口へ大回り。

やっと見つけて桜の鑑賞が出来たそうです。

造幣局の通り抜けは4月8日~4月14日まで、約60万人の方が来場されるとの事。

夜桜も綺麗みたいです。

のりちゃん、お昼に行ったのですが結構な人が来ていたようです。そして色々な品種の桜があり(主に八重桜)見ごたえあったとの事。





間違った出口から約2時間、てくてく歩いたそうです。本当にお疲れ様です。

久しぶりに歩いていたので、ちょっと心配しましたが大丈夫です。元気です。


今日は次女の2?歳のお誕生日なので、フランス国旗が掲げてある洋菓子屋へ。フルーツたっぷりのケーキを購入し、(何故か長女にも少しだけお裾分け~)急いで新築の次女のお家へ配達です。オメデトウさん!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。